説経

散歩, 駄文 No Comments

20161126_bud_01
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
どんなに生きることが辛く哀しくても
泣き顔をやめて
力づよく歩みつづけ
生きぬいていこうよ
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

これは、今日、鷲宮からの帰宅がてらの散歩時に、
曹洞宗のお寺で見た言葉です。

 『これって、何か人を救う言葉じゃないよな』

と思いました。

まあ、別に宗教が人を救うために存在するものかどうかは、僕は知りませんが、
例えば、浄土宗のように、

 『とにかく、南無阿弥陀仏を唱えれば、救われるよ!』

という発想の方が、個人的には、すごく人間自身を捉えた感じの人生(来世と現世)への解決策に思えます。

どうせ、人は『頑張って』『我慢して』『何か悪いことをしたんじゃないか』という人が大多数でしょう。

そんな人々に対して、
(たぶん、死んだらどうなるかは分からない、という本音を抑えて—)

 『誰でも、念仏を唱えればOKだよ』

と、人から偉いと思われているお坊さんが、人々に宣言してあげているんですよね?

法事とかで、浄土宗のお坊さんの説経は何度か聞いたことがありますが、
曹洞宗のことは、何も知らないので、少し確認してみました。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
曹洞宗(そうとうしゅう)とは
http://www.sotozen-net.or.jp/soto
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

初めに、歴史的に日本へと伝承されてきた経緯が記述されていますが、
そこには、どのような教えであるのかの説明はなく、
今を生きる曹洞宗管長のお言葉が、曹洞宗の説明として載っています。
そこに書かれているのは、

 ・大震災や地球温暖化といった自然界のことへの問題、
 ・戦争や紛争といった政治経済の課題、

そして、

 ・貧困、格差、自死、いじめといった社会的な課題

に対する願いと、そこに生きる人の正しい在り方について願楽(※1)を
進める、といったことです。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
※1 願楽
Ⅰ 願い
Ⅱ 必ず往生せしめられると浄土をねがいまちもうけること。
  ねがい求めること。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E9%A1%98%E6%A5%BD
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

同じ仏教なので、根本は同じなんでしょうが、
曹洞宗の方が、現世の課題解決といった側面が前面に出ているのかな?
と思いました。

僕は現世/来世に対しての救いを求めたいと
願っている人間ではないので、
浄土宗の方が、僕には、分かりやすそうなイメージを持ちました。

20161126_bud_02

20161126_bud_03

はないちもんめ

駄文 No Comments

┏━
┃★IT企業に新入社員として働いていた時のこと。
┗━…─────────────────────────────────

「顧客が51,会社が49」の心で行動せよ、という雑誌の記事を読まされたことがある。

「51と49」とはどういうことか?

お客様と会社の間のせめぎ合いの中、
システムエンジニア(SE)は、
お互いにWinWinの関係が築けるようひたすら頭を捻らせ、
最善の策を考えながら仕事を進めるわけである。

但し、こんな目指す理想を掲げるのは簡単であるが、
実際の業務では、どうしたら良いか迷ってしまうこともあるであろう。

そんな時の最終的な決断は、

 「お客様が50+1:会社が50-1」

の立場で、SEは判断するとよい、という気持ちの持ち方のアドバイスである。

┏━
┃★さて、昔話はこれぐらいにして、本日の雑談を始めさせて頂くことにする。
┗━…─────────────────────────────────

今日は、夕飯として、どこで何を食べたのか?

夫婦で外出し、どの店で何を食べるかという過程をなぞる旅路を語るために、
今日の夕飯が決まった根本的な理由を、正確に導き出そうとした場合、
産まれ育った環境の情報を拾い上げること、そして、どんな教育を受けてきたのか?
さらに、どのような人と出会ってきたのか?など、
両名の人生の歴史を、第三者の意見ヒアリングを交えて総括する必要が発生し、
分厚い研究本を一冊刊行するほどの作業量が必要となると想定される。

このため、明日、定時に出勤する予定であることも鑑み、結論だけ述べることにすると、
今日、夕飯として、定食屋で、ラーメンを食べた。

☆彡 味のメルヘン 花いちもんめ …─────────────────

20161120_112544429_iOS 20161120_110322080_iOS

 『味のメルヘン 花いちもんめ』・・・定食屋

  注)ウェブ情報サイトによると、その店のカテゴリは、〝和風ラーメン・甘味”

その店の名前の由来は、分からない。

何が正しいのか、そして、何のために働くのか?
『どうしたらよいのか?』と、悩みつつ、時に人生教訓に触れたりしながら、
何とか先に進もうとする。

そんな、どこにでもいる労働者の儚くも、かけがえのない人生を、
温かく包み込む意味を込めた名前であるのかもしれない。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
【はないちもんめ、とは?】
はないちもんめ(花一匁)は、こどもの遊びのひとつ。
2組に分かれて、歌を歌いながら歩き、メンバーのやりとりをする。
花を一匁買う際に、値段をまけて悲しい売り手側と、
安く買ってうれしい買い手側の様子が歌われているとされる。

ウィキペディア フリー百科事典より
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A1%E3%82%82%E3%82%93%E3%82%81
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥

☆彡 男気と商売 …──────────────────────────

広島東洋カープの黒田選手のような男気溢れた店の主人。
『お客さんには、美味しい料理を満喫して欲しい』と切に願っている。

上司・客・同僚・・・

人間関係に板挟みの毎日に悩み、疲れ果てた顔をしたサラリーマンが、
店の暖簾を潜る[くぐる]。

下を向きメニューを眺める男を見て、金よりも人の心を大事にする店の主人は、
たとえ、この店にいる一時であったとしても、
何とか、お客様に休息の時間を与えてあげたいと思う。

そうはいっても、彼も生活のため金を儲けなくてはならないので、
豪華な食事をタダで提供できるわけでもない。

『お客に笑顔になって欲しい』

主人は、食事の値段を、自分の生活で許せる範囲まで下げたいと思った。

家族に相談する。

『勝手なことは許されない』と反論を受けるも、
主人の心意気を何とか叶えてあげたいと思う家族。

主人のワガママを泣く泣く受けれてあげる形でメニューの価格を決める。

店の良心の結晶であるメニューを見て、それを少しは感じることができたのか、
少し顔を緩めたお客様は、手ごろな値段のラーメンを注文する。

20161120_110240619_iOS

湯気を立てたお椀が、テーブルへと運ばれてくる。

携帯電話から目を外したお客様は、箸をとり、そして、麺をすすりながら、
15分ほどの異次元への旅を満喫し、明日への英気を養う。

お客の心を掴んだ、こんな男気のある主人の定食屋は、商売繁盛し、
店は、心休める人々の集う童話的な世界となる。

メルヘンといっても現実逃避は許されない。
主人がお客様に提供したかったのは、現実世界で生きるための力である。

そんな店の主人は、世の中の現実を示すために、そして、自分の決断を示すために、
定食屋の名前を、『はないちもんめ』と名付けた。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥

┏━
┃★『はないちもんめ』という店の名前を、どのように解せればよいのだろうか?
┗━…─────────────────────────────────

『食事のおとぎ話~よくある人の辛い人生』

どうも、適切な言葉が見つからない。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
【はないちもんめ】

『勝ってうれしい花いちもんめ、負けて悔しい花いちもんめ
  ・・・
 あの子が欲しい、あの子じゃ分からん、相談しましょ、そうしましょ』
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

この童謡は、口減しの場面を描写したものである、という説があるそうである。

自分が生きるためには、食べる必要がある。

生きるために必要な食糧が充分でなければ、足りるようにするために、
それを食べる人を減らさなければならない。

ただし、涙を堪えて愛する彼らを殺せばよい、という訳ではない。
減らされる彼/彼女は、新たな場所で、何とか何とか生きて欲しいと、
哀しさを笑い飛ばす。

この店の名は、そんな人生のおとぎ話であり、
世界の縮図を示そうとしたものである。

本日の雑談/終わり

根本治療と対症療法

社会, 駄文 No Comments

1┃病気を治すためには
━┛――――――――――――――――――――――――――――

最近、総合診療科に行った。

町医者に行く手が、国が進める治療方法、となるのであろうが、
適当な医者を探す、という行為は結構面倒であると思う。

一度、病院に行くと、他の病院を試すのは、失礼に思ってしまうことも
あるであろうし、第一、会社を何度も休むのは気が引けてしまう。

そんなわけで、大学病院の総合診療科に行った。

受付で渡された症状を記述する用紙には、

 『診て欲しい症状を一つ書くように』

といった内容が書かれていた。
ここから、通常、病院は患者とどのような会話を繰り返しているか想像できたので、
この時点で、身体を診てもらうことはあきらめた部分はあった。
それでも、症状を記述する欄自体は、大きなものであったので、
表面上に現れている症状をメインに、
身体に感じるあらゆるセンサーからのヒントを、ひたすら書きなぐってみることにした。

しばらくすると、厳しいビジネスマン風情の看護師がやって来た。
案の定、記述した症状に直結する科を受診するようにと指示してきた。

細かく用紙に書いていたためか、看護師は冷静かつ論理的に、私の説得にかかってきた。
仕事の交渉のようなやり取りが数分の間続いたが、

 『ウェブサイトを見て、人の体を統合的に診察する場所であると理解していたのですが、 誤解でしょうか』

という問いかけに対し、
丁寧、かつ素直に
 
 『その通りですが、保健医療制度の中、病院は運営しているのです』

といったことを言われてしまうと、
『分かりました』と、引き下がるしかなかった。

こんなことが、最近あったためか、
先日リハビリ師とは、次のような会話で盛り上がってしまった。

 『エビデンスがないと認められない治療なんて、あり得ない!』

人間が、完全にデジタル化される世の中が到来すれば、
全てが理解された前提で、問題が解決されるようになるのかもしれない。

自分のことは、結局は、自分しか分からないし、
自分の身体を一番正確に感じられるのは、自分しかないはずである。

他人に正確に理解してもらえる時代。

その時代の良し悪しはともかく、今の時代は、歴史的に養われてきた、
時に明確であり、時に曖昧な知識を使って、自分の感覚を下に、
状況により医師の助けを借りながら、
自分の身体の全体を感じて理解しようと試みながら、
自らの意志で考えて肉体を整えることが正論であり、また必須なのであろうと思う。
(外科的治療については、完全に医師に依存するしかないが)

2┃米国大統領選挙
━┛――――――――――――――――――――――――――――

トランプ氏が大統領に選ばれてから、
報道で、TPPであるとか安保に関する内容とか単発の項目についての影響は論じられているように思う。
また、トランプ氏 を『悪』として、世界情勢の不安定化を憂える内容が多いが、
現在の世界の動きと日本の現状への総括という視点が少ないように感じてしまう。
(テレビや新聞報道、ネットなどを丹念に見ているわけではないので、誤解かもしれないが)

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
□トランプ経済策 保護主義は全世界の不利益だ 
2016年11月11日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161110-OYT1T50184.html

□[FT]世界の自由主義を脅かすトランプ氏(社説) 大統領になれば変わるのか
2016年11月11日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO09379860Q6A111C1000000/
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

個人的には、今、議論すべき内容は、単発の項目に関するリスクの云々よりも、

 『アベノミクス』に対する総括/評価と、その結果に基づく対策検討

という発想しか頭に思いうかがないのであるが、間違いであろうか?

特に頭を巡らしたり、色々調べたわけではないが、
素直に考えれば、自然にそのような発想になるのかと思うのだが。
私は、感覚的におかしいのだろうか。。。

理想的な解決を思いつくのは困難であったとしても、
現実を正面から捉えることは、前に進む方法を考えるときに重要だと思う。

終わり

以下参考

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
┏━
┃★人生の縮図
┗━…─────────────────────────────────

☆彡 産業空洞化 …──────────────────────────

 【知恵蔵2015の解説より】
  https://kotobank.jp/word/%E7%94%A3%E6%A5%AD%E7%A9%BA%E6%B4%9E%E5%8C%96-183310

  『(省略)産業空洞化は当然の流れともとらえられるが、デフレに悩む日本では深刻な問題になった。
   解決策は、グローバル経済の中で、日本が新たな産業構造に転換すること、すなわち、より産業の高度化(高付加価値化)を進めることである。』

☆彡 バブル …────────────────────────────

 【次のウェブサイトより】
 http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/nichukou/sub/sub_gensya/Economy/J_Economic_History/Bubble.htm

  『バブルとは、経済が実力以上に泡(バブル)のようにふくらんだ状態をいう。』

 【知恵蔵2015の解説より(バブル=資産インフレ)】
  https://kotobank.jp/word/%E8%B3%87%E7%94%A3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC-4145#E7.9F.A5.E6.81.B5.E8.94.B52015

  『地価、株価、貴金属などの資産価格が、上昇する状況を資産インフレという。
   投機により資産インフレが高進、適正価格から大きくかけ離れたときに生じるのがバブル(泡)であり、
   一般に「資産価格と適正価格との乖離(かいり)分」とされる。
   バブルは投機熱が収まると弾け、姿はもと(適正価格)に戻る。』

—————————————————————–
┏━
┃★日本の成長戦略
┗━…─────────────────────────────────

☆彡 アベノミクス …─────────────────────────

 【わかる!国際情勢 Vol.118 アベノミクスと経済外交(外務省 2014年8月13日)より】
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol118/index.html

  『グローバル化により,日本経済と世界経済が互いに影響を及ぼし合う中,
   「成長戦略」では,日本の企業や人が積極的に海外市場に打って出るとともに,
   「世界のヒト,モノ,カネ」を日本に惹きつけることで世界の経済成長を取り込み,
   日本の成長につなげていこうとしています。』

┏━
┃★日本の現状分析の例(2016年4月)
┗━…─────────────────────────────────

☆彡 中間層衰退 …──────────────────────────

 【衰退を続ける日本の中間層‐中間層衰退が示す構造改革の「担い手」不足‐
  みずほリサーチ April 2016 みずほ総合研究所執筆の記事より】
  http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/research/r160401point.pdf

  (「米国よりも深刻な日本の中間層の衰退」と消費増税再延期の決断をする見込みを紹介。)
  
  『◇問われる課題に向き合う誠実さ
     今さら言及することではないが、仮に消費税が再延期されたとしても、
    日本経済にとってそれは単なる一時しのぎに過ぎない。
    むしろ日銀による実質的な財政ファイナンスが行われている現状に鑑みると、
    日本国債に対する信用低下やそれに伴う金利上昇の影響が懸念される。
     本来、我々が取り組むべき最優先課題は所得の底上げであり、
    それを可能とする構造改革である。』

☆彡 日経平均株価 …────────────────────────

  【日経平均株価(月末値)の推移(Wikipediaより)】
   https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/6d/Nikkei_225%281970-%29.svg

☆彡 日経平均株価 …────────────────────────

  【日本のGDPの推移(世界経済のネタ帳より)】
   http://ecodb.net/country/JP/imf_gdp.html

┏━
┃★日本政府対応(2016年5月、6月)
┗━…─────────────────────────────────

☆彡 日本政府の現状分析 …──────────────────────

 【平成28年5月27日 G7伊勢志摩サミット議長記者会見
  首相官邸ウェブサイトより】
  http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2016/0527summit.html

  『ここで、もし対応を誤れば、世界経済が、通常の景気循環を超えて「危機」に陥る、
   大きなリスクに直面している。私たちG7は、その認識を共有し、
   強い危機感を共有しました。
   そして、新興国経済に弱さが見られる今こそ、G7がその責任を果たさなければならない。
   G7で協調して、金融政策、財政政策、そして構造政策を進め、「三本の矢」を放っていく。
   そのことを合意いたしました。アベノミクスを世界で展開してまいります。』

☆彡 日本政府の対応 …─────────────────────────

  【平成28年6月1日 安倍内閣総理大臣記者会見(消費税率の引上げの延期について )
   首相官邸ウェブサイトより】
   http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2016/0601kaiken.html

  『世界経済が直面するリスクについて、G7のリーダーたちと伊勢志摩サミットで率直に話し合いました。
   その結果、「新たに危機に陥ることを回避するため」、「適時に全ての政策対応を行う」ことで合意し、
   首脳宣言に明記されました。』

  『一億総活躍社会というのは、皆が活躍できる社会であります。
   であるからこそ、その結果は間違いなくそれを進めていけば、
   中間層はより厚くなり、
   そして、いわば欧米で起こっているああした一部の人たちに富が集中する、
   一部の人にしか機会がないという社会ではなくて、
   皆にチャンスがある社会を創っていく。皆に機会がある社会を創っていく。
   皆がそれぞれ才能を生かしていくことができる社会を創っていくということが、
   我々が進めている一億総活躍社会であり、
   正に今回の伊勢志摩サミットで指摘された議論は、我々が進めてきた議論、
   やるべき政策と方向性の一致するものであったと、このように思っています。 』

┏━
┃★世界のリーダーたちの動きの例
┗━…─────────────────────────────────
■2016年6月24日 英国は国民投票でEU離脱の結果

 ◇なぜ英でEU離脱論?(Q&A)
  2016年2月20日 日本経済新聞
  http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM20H57_Q6A220C1FF8000/

■2016年11月11日 米国 トランプ氏大統領選挙勝利

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

以上

米国大統領選挙結果

社会 No Comments

http://www.asahi.com/sp/topics/word/米大統領選挙2016.html

色々と思うことがあるが、
情報を調べていないため、想像を超えることはできない。

ただ、言い切っていいことが、
一つあると思うので、それには、触れておきたい。

今回の米国大統領選挙で、明らかになったこと。

それは、多くのマスコミは、

・データ収集、分析能力がない

もしくは、

・(誰の意図により)情報操作して、流している

ということである。

いくつかの報道情報を能動的に収集して、
今回の選挙は、『トランプが勝つ』と予想していた人は、
少なからずいたと思う。

結果を示す地図の色を見て、
予想外の結果が出た、という感想を持つのは難しくないだろうか?

さて、これから、どうなるのか?
私は専門家でもないし、趣味で政治を追っかけている人間でもないので、
正直よく分からない。

トランプのテレビ討論会での一部を読んだが、
個人的には、過激という感想は持たなかった。
どちらかというと、トランプは、合理的な思考の持ち主であるように思えた。
他の人と、物の言い方や内容は、異なる部分はあったのかもしれないが。

また、正直言うと、予想どおりトランプが勝った情報を見て、安心した。

米露の戦争について、米国大統領選挙のテレビ討論会でも話題に上がり、
また、ロシアでも、クリントンが大統領就任したケースとして、
世界大戦となる可能性が、良く話題になっていると聞いていたので、
その情報の信頼性はともかく、
少なくとも安心できる方向には倒れたのかな、
と思えたからである。

素人考えだが、トランプが、自分で判断できるだけの力を維持できるかどうかが、
これからの行方を左右すると思う。

例えば、今のトランプの発言に沿って進むのであれば、
シリア問題は悪くない方向に進むと思う。

ただし、今後、人を動かす場面、金が必要な場面で、
何かの組織を頼るようになるケースにおいて、
合理的に動くが故に、戦争を拡大する方向に判断する可能性がありえる、と思うからである。

以上

清宮くんと、自由な世界に放たれているかどうかは、よく分からない羊(わたし)

駄文 No Comments

┌──────────────────────────────────■
│ 秋の高校野球東京大会決勝戦観戦記
└──────────────────────────────────■

┏━
┃★11月3日(木/祝日)開催/秋の高校野球東京大会決勝戦に誘われました。
┗━…─────────────────────────────────

野球を観戦する趣味はありませんが、
忙しい人生を送っている人間でもなく、また、拒否する理由はなかったので、

 『参加させて下さい』

と、返事をしました。

☆彡 試合前日の水曜日 …────────────────────────

対戦カードが、『早実 vs 日大三』となったこと、
そして、『有名な清宮君』が出場するとの連絡が、友達からありました。

『清宮君 』の名前は知っていたものの、
まだ、その時点では、その名前の重みを、全く理解していませんでした。

☆彡 神宮球場到着  …──────────────────────────

20161103_01

チケット売り場は、長蛇の列でした。
さきほどネットで検索すると、『観衆は2万人、 試合開始時間を約30分遅らせた』
とのことであったようです。

友達は、初めから並んでチケットを購入するつもりはなかったようです。

有名人を見るか見ないかはどちらでもよかったのですが、
せっかく来たので見ないで帰るのは勿体ないと、僕は思いましたが、
取り立てて意見も、思いもなく、球場の前にいる自分には、
『何としても入場してやるんだ!』
と、頑固に主張を通す意地もなかったため、高校野球観戦は取りやめとしました。

┏━
┃★この先の行き先を考えることにしました。
┗━…─────────────────────────────────

球場の前では、TOKYO DESIGN WEEK 2016というイベントが開催されていました。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
クリエイティブの祭典 TOKYO DESIGN WEEK 2016
http://tokyodesignweek.jp/2016/tokyo/
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

『清宮君目的であった人もいるんじゃないの?予想外の動員人数になってラッキーだね。』
と友達と話しながら、僕らもその仲間に加わるかどうか考えましたが、
入場チケットが2500円であるのを確認すると、『それは無理だよね』、ということになりました。

二人にとって池袋が、都合の良い場所であったため、
とりあえず、そちらに向かうことにしました。

また、池袋に住む友達の提案により、
最近、彼が発見した!という池袋のコスプレ通りに行き、
それから、池袋の寺院を巡った後に、飲み食いをする、というプランになりました。

☆彡 池袋の彼が新たにできた、というコスプレ通りに着きました  …─────

20161103_02

コスプレをしている人は見当たりませんでした。

『11/5・6 スターズ☆彡』と書かれたアニメなのか何かは分かりませんが、
ともかくコスプレと関係があっても不思議ではなさそうな宣伝垂れ幕が、
そこら中の電灯に垂れ下がっていました。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
【AGF2016】あんスタ情報※随時更新※
http://xn--l8jzdxcn1g2kob.com/%E3%81%82%E3%82%93%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%B6%E3%82%8B%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA/agf2016/post-25049/
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

『まあ、毎日、コスプレの人が歩いている訳じゃないんだね』

20161103_03

近くにある『ミステリー館 入口』という店の看板を眺める僕に友達は、
せっかく来たので、という気持ちからなんでしょうが、『入ろうか?』と、僕に声をかけてくれました。

入店して気に入ったものがあったら余計な出費がかさむだけなので、
次のプランである、寺院巡りに出発しよう、と僕は友達に先への道を誘いました。

┏━
┃★友達の案内に従い、日蓮宗本立寺に着きました。
┗━…─────────────────────────────────

20161103_04

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◆日蓮宗本立寺(東京都豊島区南池袋 )

□撰時抄(せんじしょう) 建治元年(1275年)

 衆流(しゅうる)あつまりて
 大海(たいかい)となる
 微塵(みじん)つもりて
 須弥山(しゅみせん)となれり

□本立寺の解説より
 私(日蓮聖人)が、法華経を信じ始めたことは、
 日本の国から見れば、
 わずかな水流や塵のようなものだ。
 しかし、法華経のお題目をたくさんの人が
 次第に唱え広めるならば、大海にも須弥山にもなる
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

寺を出て、友達と話しながら、飲み食いできる場所を探しました。

 ・まあ、これは、清宮君と、今日の僕らのようなもんだよね。

 ・人が集まれば、何か大きいことができるよね。

 ・とりあえず、一人入場料が800円で単純計算すると、1千6百万円。

 ・今日は、特別にアルバイト増員しているようね?

 ・計画外に、TOKYO DESIGN WEEK 2016に入場したやつはどれだけいるんだ?

 ・人を外に連れ出せば、どれだけの経済効果があるんだろうね。
  僕ら、今から、池袋で食事しようとしているし。

 ・清宮君一人で、日本経済にどれだけ貢献しているんだよ。
  高校生で、これだけ多くの人に影響与えるなんてすげえ。

 ・客一人、説得できてないよ。

 ・人ひとり集めるのも、僕には難しいよ。

『風が吹けば桶屋が儲かる』と同じなのかどうかは分かりませんが、
清宮君は、世界・自然を司る一つの自然現象のような神がかった存在なのかもしれない、と思いました。

┏━
┃★家に帰り、『須弥山』の意味が理解できていなかったので、調べてみました。
┗━…─────────────────────────────────

須弥山とは、古代インドの世界観で、中心にそびえる聖山であるそうです。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
やさしい仏教入門
http://tobifudo.jp/newmon/betusekai/uchu.html
http://tobifudo.jp/newmon/betusekai/uchu2.html
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

 須弥山を中心に、世界は円形に広がる。
 その世界は太陽・月が浮かび、そして山脈や大海に囲まれており、
 人の住む島が小さく存在する。
 そして、煩悩を脱し悟りの境地に達した神々により人々は導かれる。

こんな感じの世界でしょうか?

正しい理解かどうかは分かりませんが、
今の自分の住み世の中と、当たらずと雖も遠からずの世界なのかな、と思いました。

人が集まること、これは大きな力となる。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
ヒツジは非常に群れたがる性質をもち、群れから引き離されると強いストレスを受ける。
また、先導者に従う傾向がとても強い(その先導者はしばしば単に最初に動いたヒツジであったりもする)。
これらの性質は家畜化されるにあたり極めて重要な要素であった。

「ウィキペディアフリー百科事典 ヒツジ」 の抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%84%E3%82%B8
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

羊飼いとは位置づけは全く違いますが、
清宮君は、世の中を動かす力を持つ、すごい人間だということを神宮球場で知りました。

そんな人の姿を見ることができなかったのは残念だったかもしれません。

ただ、有名人が紙に書いたサインが、価値を持ち、そして金銭と交換できる理由が、
分かったような気がしました。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
秋の高校野球東京大会決勝戦観戦記/終わり

2016年の出来事

社会 No Comments

2016年とは?

1┃トルコ
━┛――――――――――――――――――――――――――――

今の段階で、個人的に一番衝撃的であったことは、
昨年11月ロシア空軍機が、トルコ空軍機に撃墜された事件について、
6月末に、トルコがロシアに謝罪したことである。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
□露と関係修復協議毎日新聞 
2016年6月30日 東京朝刊

http://mainichi.jp/articles/20160630/ddm/007/030/074000c

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

イギリスのEU離脱が決まったことが、
トルコの決断に、どれだけ影響しているのか?

私には正確なところは分からないが、
結果だけを浚ってみると、世界的に大きな出来事が連続して起こったのではないだろうか。

トルコのことはよく知らないのが正直なところだが、
アジアとヨーロッパ大陸にまたがるこの国は、
西洋化を進めるNATOの加盟国であり、EU加盟が長年の目標である、ということぐらいは知っている。

オスマン帝国時代には、広大な領域を支配した世界の大国の一つであり、
また、現在に戻り、基本情報を調べてみると、
人口は世界18位(2012年)・GDPは世界17位(2013年)という大きな国である。

上の事実に個人的経験を加えてみる。

10数年前に私が中央アジアにあるキルギスタンに住んでいたことがある。
ソ連邦崩壊後のその土地では、多くのトルコ人がビジネスを展開していた。
また、トルコのイスラム教団体が、子供たちに無料で教室・食事・休憩・宿泊場所を提供し、
そこでコーランなどの講義を行っている活動に接する機会があり、
トルコという国・世界の影響力を感じたことがあった。

このようなEU加盟を目指していたトルコという大国が、
直前まで険悪な様相を見せていたロシアと手を結ぼうとするということは、
今まで使っていた鉛筆を力任せに折り曲げて、新たに飛び出してきた芯を削って字を書く事にした、
というような急激な変化であり、トルコとロシアのある出来事というよりも、
これから世界全体が大きく変化していくんだ、という前兆のニュースに思えた。

今まで小学生から学んできた西欧中心の歴史。
ソ連邦崩壊から、アメリカが唯一の超大国として存在する今の慣れてきた世界からの変化の道筋が、浮かんできたのか?

これから、どんな光景が、目の前に現れるのか?

よく分からないが、ともかく、これから自分の住む世界が変わるんだ、と感じた。

このような個人的感想を持っていたため、日本国内で、このニュースが、世界の大変化を示す出来事として、
報道されないことが、個人的には、非常に不思議であった。

2┃日本
━┛――――――――――――――――――――――――――――

アメリカの傘の下、生きることを国策としてきた日本は、
そして、中国、ロシアというアジアの大国との関係を軽んじているようにも見える日本は、
この世界の変動を敏感に感じていないように、個人的には写った。
それは、『生きる』ことへ執着を、まるで見せていない国の姿に思えた。

最近、アメリカとの同盟関係の在り方と、その危険性について考えたことがある。
その内容は次の通りである。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
□安保法案について(2)
  ⇒ アメリカと一心同体とする政策へのリスクを記述

http://blog.broken-robot.com/?p=2814

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

こんな風に、堂々と構えた様相の日本の態度に寒気を感じていたが、
安倍首相がロシアのプーチン大統領を地元に招きたい、という報道があった。

□安倍首相 プーチン露大統領、山口・下関招待に意欲
毎日新聞2016年8月14日 東京朝刊

http://mainichi.jp/articles/20160814/ddm/002/010/063000c

□日露首脳 11、12月再会談 首相、領土交渉強い意欲
毎日新聞2016年9月3日 東京朝刊

http://mainichi.jp/articles/20160903/ddm/001/010/173000c

このニュースを聞いて、
『さすがに今の状況を見て、危機感を覚えて行動を起こしたのか?』
と思ったが、果たして日本政府・官僚の方策と事実は、どこにあるのであろうか?

世の中を動かしているのは官僚と一部の政治家であったとしても、
民主主義の国家で、選挙を考えると急激な変化を起こすのは難しいかも知れない。

いままで、嫌いだったあの国と仲良くしようと言われても、
今までの態度は何であったのか分からないし、今後が不安になるかもしれない。
『あの国は信用できるのか?』 というように。

人の価値観の刷り込みというか、浸透には時間がかかるものであろう。

今まで、寄らば大樹の陰で育ててきた土台を根こそぎ否定するようなアクションは難しいであろう。
また、新たな大樹の下に駆け寄ることも、気持ち的には許されないかもしれない。

安保法案を巡って日本政府の方針を考えてみると、
周りがどうなろうとも、上様について参ります、という忠義心が現れた方策なのか、とも思えた。

世界観や歴史観を転換する必要があるのであれば、
一般的に、今までの歴史的・政治的な駆け引きの経緯を考えてしまうと、
綺麗な解決方法を見出すのは、なかなか難しいことがあるのかもしれない。
これは、政治にかかわらない一般人の甘えた想像であり、
政治家は、そんな甘いことを言わずに決断する人間が揃っているのかもしれないが。

米国の時代の変わった後になって、
『正しかったはずの主君の遺恨を晴らしてやろう』
という態度でしか、自国を正当化できないといった、珍妙な劇の一場面が浮かんできてしまい、
個人的には、この国の行方に不安を感じてしまう。

3┃米国
━┛――――――――――――――――――――――――――――

ところで、米国大統領選挙が近づている。

ここで、もし、トランプ氏が勝利すると、
『米国中心の世界が終焉を迎えようとしている』
という今の世界の流れに乗る形で、米国自身が自ら変わっていくのかもしれない。

一方、もし、クリントン氏が勝利すると、米国が一大大国の地位や威厳を保つために、
今までのように世界で紛争をサポートする活動を継続し、
ロシア・中国といった米国と並び立とうとする大国と対立する構図が継続される事になるのかもしれない。

そうはいっても、世界の変化が、日本の目の前に表面化する時期が遅れるだけのことではないだろうか。
彼女が大統領になっても、 その分、日本が現実逃避可能な時間が、延長されるだけのことかもしれないように思える。

世の潮流に沿う主流派の一員かもしれないトランプ氏が勝利する事について、
『あり得ない』
という前提の報道が一般的な姿であるように見えるのが、個人的には奇妙に見える。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
以下アメリカ大統領選挙テレビ討論会一部抜粋

□アメリカ大統領選挙2016 第3回テレビ討論会(日本語訳全文)
NHK NEWS WEB

http://www3.nhk.or.jp/news/special/2016-presidential-election/debate10.html

【移民のテーマから核兵器の話に展開した時の発言の一部】

クリントン:アメリカ合衆国は平和を維持し…、アメリカ合衆国は、同盟関係を通じて平和を維持してきました。ドナルドはその同盟関係を引き裂こうとしています。それは世界を安全にするものだと思いますし、率直に言って、アメリカ合衆国を安全にします。私はアジア、ヨーロッパ、中東、その他の地域の同盟国と協力します。それが平和を維持する唯一の方法です。

【外国との紛争のテーマでシリアに関する話に展開した時の発言の一部1】

トランプ: 私たちは、反体制派が何者なのかも知りません。私たちは彼らに多額のお金や、あらゆるものをたくさん与えています。私たちは、反体制派が何者なのかも知りません。それは起きないでしょう。なぜなら、ロシアとイランがいるからです。しかし、アサドを追放できたとしても、アサドと同じぐらい悪い人物が現れるかもしれません。彼は悪い男ですが、アサドよりも悪い男が現れる可能性は十分あるのです。

【外国との紛争のテーマでシリアに関する話に展開した時の発言の一部2】

司会者:クリントン長官、あなたは前回の討論会、そして、きょうもまた、アレッポの人々を守るため、そこでの殺戮を止めるために、飛行禁止区域を設定したいと述べています。オバマ大統領は、それを拒否しています。彼は、それによって私たちが紛争に深入りすることを恐れているからです。

ジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長は、飛行禁止区域を設定すれば、シリアやロシアと戦争になる可能性が高いと述べています。そこでお聞きします。飛行禁止区域を設定するとしたら、あなたはまず、それらの懸念にどう答えますか?
2つ目の質問ですが、飛行禁止区域を設定して、ロシアの飛行機がそれに違反したら、あなたは大統領としてその飛行機を撃ち落とすよう命令しますか?

□アメリカ大統領選挙2016 第2回テレビ討論会(日本語訳全文)
NHK NEWS WEB

http://www3.nhk.or.jp/news/special/2016-presidential-election/debate6.html

トランプ:何がおかしいか分かりますか? 彼女は1分もオーバーして話していたのに、あなたは彼女を止めなかったのです。私が1秒オーバーすれば、大騒ぎするくせに。
ラダッツ:あなたはたくさん答えていました。
トランプ:これは本当に面白いです。

以上アメリカ大統領選挙テレビ討論会一部抜粋

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

以上

台地の上に生きる

散歩, 駄文 No Comments

image

動物との共存
孤独と世界
無機質と感情の混在
複雑さと恐怖

暑い

散歩, 未分類 No Comments
image1.JPG

2016年5月15日 わんぱく相撲西東京場所

散歩 No Comments

20160515-01

20160515-02 20160515-03

20160515-04 20160515-05

20160515-06

20160515-07 20160515-08

神代植物公園/深大寺

散歩 No Comments

20160522-01 20160522-02 20160522-03

20160522-04 20160522-05 20160522-06

20160522-07 20160522-08

20160522-09 20160522-10

20160522-11

20160522-12 20160522-13

20160522-14

20160522-15 20160522-16

20160522-17 20160522-18 20160522-19 20160522-20

20160522-21 20160522-22 20160522-23 20160522-24

20160522-25 20160522-26 20160522-27

20160522-28 20160522-29

Theme by Asanuma, Ichiro